年代別オススメ美白化粧品記事一覧

20代前半までは多少無理をしてもお肌に悪影響はなかったですが、20代後半になるにつれて、油断してしまうとお肌にダメージを与えてしまい、顔色が悪くなったり、疲れた顔が隠しきれなくなり、顔の印象が変わってしまいます。ハリのあるお肌をキープするためには、20代からの美白ケアがとても重要になってきます。毎日の紫外線対策はもちろん紫外線を浴びたあとのケアをその日のうちに行うことが大切です。

20代に比べ、30代になると肌のターンオーバーが遅くなるため、シミが消えにくくなるのを実感することも多くなり、頬や目の下などの左右対称にできるシミ、肝斑が現れ、顔のくすみも気になるようになります。年齢に合った自分の肌にあう美白化粧品を使うことが大切です。日頃から日焼け止めやサングラスなどでしっかりと紫外線対策を行い、シミ対策をするように心がけてください

40代になると30代にはなかったシミがでてきたり、薄かったシミがだんだん濃くなってきて、メイクで隠すために、ついつい厚化粧になってしまいがちです。30代を過ぎると肌のターンオーバーが遅くなりますが、40代になるとさらに遅くなり、紫外線などメラニン色素が肌の奥に残ってしまって、シミとなって肌に現れます。できてしまったシミに効果のある化粧水やくすみのケアとして保湿ケアも同時に行える化粧水がおすすめです...